悪しき者の侵入を一歩も許さない防犯砂利を敷いておこう

警備員
鍵と家

音で侵入者を威嚇

防犯のための装置やアイテムはいろいろありますが、砂利もその一つです。庭の窓付近などに撒くことで侵入者がその上を歩けば、音が鳴って室内にまで届くという特徴が注目されました。手軽に利用できる防犯設備として需要も高まっています。

砂利

実用性の高い小さい石

11種類に及ぶ玉砂利は様々な色合いがあり、装飾目的に使われています。他にも雑草対策や防犯対策、天候に左右されない歩くスペースなどにも使われているのが特徴です。玉砂利を敷くには、下地作りを丁寧に行うことで本来の機能を発揮できます。下地作りには十分に注意をして施工することです。

住宅

防犯に最適なグッズ

砂利には庭の美観を整える働きの他に、防犯効果があります。防犯用の砂利は、普通のものと比べて音が鳴りやすいように加工されています。カラーやサイズのバリエーションも豊富です。施工の際には、丁度良い高さまで砂利を敷き詰める必要があります。また、事前に草を防ぐシートを敷いて地面を水平に整えることも大事です。

手軽に行える家屋防犯

砂利

砂利を使って侵入阻止

庭付き一軒家は多くの家族の夢といいます。そんな夢の一軒家ですが、昨今では空き巣など家屋に侵入する事件が多く、防犯対策が必要不可欠となっています。そんな防犯対策の一つが防犯砂利です。防犯砂利は、庭に敷き詰めることにより、侵入者の足音を出させます。このため、住人が侵入を気付きやすくなります。ホームセンターで砂利を購入することができますので、手軽にいつでも行うことができる対策です。庭に置く分だけの砂利が必要となるので、労力を補えない場合は、庭師など業者に行ってもらうことも可能です。砂利は大きさ、色、形が様々あるので、外観に合わせることができます。さらに防犯目的だけではなく、除草効果もあり、人気となっています。

砂利を置くポイント

防犯砂利を置く時のポイントがあります。まずは、除草作業です。草の上に砂利を敷くと、生えてきた草がクッションとなり音が半減してしまいます。しっかりと除草作業を行いましょう。防草シートを引くのも良いです。次に砂利の高さです。防犯砂利を敷く高さは地面から3cm〜5cmが最適です。高さが十分でないと、砂利が偏り、砂利を踏んでも音が出ない場合がでてきます。しっかりと敷き、定期的に高さを確認することも大切です。最近では音が良く鳴る砂利も開発されています。従来の石ではなく、ガラスをリサイクルして作られた砂利になるため、大きな音が鳴ります。人目につかない敷地内はこの砂利にしても良いですね。防犯砂利は手軽にいつでも行える防犯対策なので、おすすめです。

Copyright © 2017 悪しき者の侵入を一歩も許さない防犯砂利を敷いておこう All Rights Reserved.