悪しき者の侵入を一歩も許さない防犯砂利を敷いておこう

作業員

実用性の高い小さい石

砂利

使われる用途には

防犯用に使う製品を利用することで、様々なメリットが得られることがあります。例えば防犯用に庭に敷かれる玉砂利です。お庭やエクステリアなどに敷かれている丸い小さな石は玉砂利と言われており、外観を美しく見せられることで多くの家庭で使われています。この玉砂利は、白玉砂利や赤玉砂利など11種類以上の砂利があり、白色のものから茶色、黄土色、グレー、ベージュ、青色など実に様々な色合いの石があるのも特徴です。色も豊富なのでこの玉砂利は装飾目的で使われることも多いのです。その一つに雑草を生えにくくするメリットがあり、庭の草むしりは大変面倒で、意外なほど体力を消耗し時間もかかってしまうのが難題です。しかも、毎年何回も行わなければならない作業なので、草むしりを軽減するために使われています。そして防犯ではどのようなメリットを果たすのでしょうか。砂利というのは歩くだけで音がなるために、防犯対策として利用できるのも大きな要因です。音が出るというのは、空き巣などの不審者がとても嫌がることなので、撃退できるという要素で使われてもいます。草があまり生えてこないようにすることで、ちゃんと手入れされている印象になり、こういった家には空き巣は入りにくいという傾向もあるのです。このような要素があるため多くの家庭で使われています。

機能を果たすために

玉砂利を利用する際には、ちょっとした注意点もあります。それは、玉砂利を敷くには基本となる下地が必要で、購入した商品をそのまま敷けば良いというわけにはいきません。何故なら、適当に施工してしまうと水たまりができたり、湿度の上昇でコケやカビなども生えてしまう可能性があるためです。その下地作りには、まず雑草を一つ残らず抜くことが重要で、これを怠ると隙間からまた雑草が生えてきます。次にある程度の土を敷いて踏み固めることが重要です。その理由として、土が軟らかいと石が沈んでしまって土が出てくることになりかねなく、これは雨の日に起こる現象でもあります。そして、重要なのが除草シートを敷くことが大切で、土を敷いて踏み固めた上に敷くようにしましょう。これは、完全な雑草対策でもあるので、水はけが良くて機能が充実した製品を選んで敷くことがポイントです。このようなことに注意して下地をしっかり行い、玉砂利を敷いていくようにしましょう。防犯目的の場合なら、通常のより大きい音が鳴る防犯用の玉砂利を敷くことも忘れてはなりません。業者に頼むことで、こういった面倒な処理がスムーズに済みます。シートなどもきちんと揃えてくれるのですが、玉砂利を敷くのみの場合とは少し値段も違ってきますので、内訳はしっかり確認しておくようにしましょう。

Copyright © 2017 悪しき者の侵入を一歩も許さない防犯砂利を敷いておこう All Rights Reserved.