悪しき者の侵入を一歩も許さない防犯砂利を敷いておこう

作業員

防犯に最適なグッズ

住宅

砂利は、ガーデニングなど庭の美観目的に使用されるアイテムの一つです。しかし、人が歩くことによって音がするという特性を利用して、最近では防犯目的の砂利も開発されています。防犯用の砂利は、より大きな音が出るように一般的なものよりも粒が大きめに加工されています。また、粒同士が擦れやすいように形が整えられているため忍び足で歩いたとしても音を防ぐことはできません。単なる防犯グッズとしての役割だけでなく庭の景観を整える働きもあるため、カラーバリエーションも豊富で素材についても石やレンガなど様々なものが作られているのが特徴です。砂利の大きさについても大小様々なものが販売されており、それぞれに踏んだ時の音が異なります。

防犯用の砂利を敷く際には、その高さに注意します。防犯効果を期待するのであれば、地面より3cmから5cmの高さまで砂利を敷き詰める必要があるのです。それより低ければ砂利を踏んだ時に十分な音が鳴りません。また、それより高ければ歩行時の安定性がなくなるため転倒などのアクシデントを誘発してしまいます。地面の上にそのまま砂利を敷いてしまうと、後で隙間から草が生えてくるため防犯効果が半減する可能性が高くなります。それを予防するために最適なのが草の生育を防ぐ専用シートです。事前に地面をシートで覆うことで、砂利の隙間から草が生えこなくなります。また、その際に地面を水平に整えておくことで砂利を満遍なく均等に広げることができます。

Copyright © 2017 悪しき者の侵入を一歩も許さない防犯砂利を敷いておこう All Rights Reserved.